亜鉛を含む野菜

えのき(えのきたけ)

えのき(えのきたけ)

えのきには、ビタミンB群がバランス良く含まれており、特にナイアシンが豊富です。ナイアシンは、アルコールの分解を助けるため、お酒を飲む時に一緒に食べると悪酔いを防ぐことができます。料理にえのきたけを加えることで、食物繊維やビタミンB群が増えるので、積極的に利用しましょう。また、血中のコレステロールを低下させる働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。

きゅうり

夏野菜の代表格であるきゅうりは、暑い時期に身体を冷やす効果が高いのが特徴です。 ミネラルをバランスよく含み、90%以上が水分なので、日射病の症状を軽くし、夏の水分補給に良い野菜です。きゅうりは上のヘタ付近の部分に、苦み成分であり、抗がん作用のあるククルビタシンが多く含まれるので、ヘタを切り落とす時はギリギリの部分で切るようにしましょう。

グリーンピース

グリーンピース

えんどう豆の未熟果のグリーンピースは、彩り野菜というイメージがありますが、さやえんどうと同様に栄養価の高い野菜です。たんぱく質や糖質のほか、様々なビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるので、単なる彩りとしてではなく、積極的に食べるようにしましょう。

ごぼう

ごぼう

ごぼうのアクの成分には抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれ、活性酸素を抑制し、動脈硬化やがんを予防する作用があるので、水には長くさらし過ぎないようにしましょう。 ごぼうのポリフェノールには、においを消す効果があるため、肉や魚と一緒に調理すると相性が良いです。

ズッキーニ

ズッキーニは野菜の中では珍しい、脳の健康に重要なアミノ酸の一種のギャバを含み、認知症予防に働きかけます。また、ズッキーニは炭水化物が少なく、低カロリーのため、ダイエットにも適した野菜です。ちなみに、キュウリの仲間のように思われがちのズッキーニですが、分類はカボチャの仲間です。

とうもろこし

とうもろこしは、米、小麦と並ぶ世界三大穀物のひとつです。 抗酸化作用のある亜鉛やリノール酸が多く、細胞の酸化を抑えて老化防止に働き、美容面で効果が期待できます。粒の中心の胚芽の部分には、ビタミンB群、ビタミンEが多く含まれており、食欲増進や、皮膚を活性化して美肌効果が見込めます。粒の皮の部分には、不溶性食物繊維が多く、便秘を解消して大腸がんを予防する作用があります。

白菜(はくさい)

冬場の野菜ですので、カットしたものでなければ、新聞紙に包み、冷暗所に立てて保存します。ただし、夏場は新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。刃を入れると傷みが早くなるため、使う分だけ葉を剥がして使うと長持ちします。 1/2や1/4にカットされたものより、丸ごと買う方が長持ちします。

舞茸(まいたけ)

【冷蔵保存】ラップに包むか、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。水滴がついていると傷みやすいので、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。【冷凍保存】舞茸に限らず、全般的にキノコ類は冷凍保存しやすい野菜です。根元の先の固い部分、石づきを取って、小分けにしたあと、ジップロックに入れて冷凍保存します。使う時は解凍せずに、そのまま調理に利用できます。

レタス

レタス

レタスは、全体の約95%が水分で、ビタミンC、ビタミンE、カロテンなどを含む野菜です。ビタミンEは、血液の循環を促進させ浄血作用があります。また、鉄分により貧血の予防にも効果があります。サラダなど生で食べるイメージが強いですが、炒め物やスープなど加熱しての調理もオススメです。

  • 野菜宅配【おすすめ比較】ウチの家族が全部食べて選んでみたランキング

新着記事