マグネシウムを含む野菜

えのき(えのきたけ)

えのき(えのきたけ)

えのきには、ビタミンB群がバランス良く含まれており、特にナイアシンが豊富です。ナイアシンは、アルコールの分解を助けるため、お酒を飲む時に一緒に食べると悪酔いを防ぐことができます。料理にえのきたけを加えることで、食物繊維やビタミンB群が増えるので、積極的に利用しましょう。また、血中のコレステロールを低下させる働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。

オクラ

オクラのネバネバ成分は、水溶性食物繊維のペクチンです。粘りにより粘膜を保護することができ、特に胃の粘膜を守る働きが強く、胃炎や胃潰瘍を予防します。 アルコールを飲むときに食べると、胃壁を守って悪酔いを防いでくれます。また、糖の吸収を抑える効果もあるため、糖尿病の予防にも役立ちます。

ごぼう

ごぼう

ごぼうのアクの成分には抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれ、活性酸素を抑制し、動脈硬化やがんを予防する作用があるので、水には長くさらし過ぎないようにしましょう。 ごぼうのポリフェノールには、においを消す効果があるため、肉や魚と一緒に調理すると相性が良いです。

ゴーヤ

ゴーヤに含まれる豊富なビタミンCは、シミやソバカスの元となるメラニン色素の生成を抑制し、お肌にハリや弾力を与えるコラーゲンの生成を助ける役目があります。ポピュラーなメニューであるゴーヤチャンプルーは、ビタミン、ミネラルに加え、豚肉と豆腐のたんぱく質がプラスされるため、栄養価の高いメニューです。

さつまいも

さつまいも

サツマイモは、芋類の中ではカロリーが高めですが、便秘解消や美容効果の面で、女性にとってうれしい野菜です。ビタミンCは、焼き芋か蒸し芋にすることで、美肌作りにさらなる効果が期待できます。

生姜(しょうが)

生姜(しょうが)

生姜(しょうが)の高い薬効成分は、すりおろすなど細かくすることで、より効果を高めることができます。皮には、香りと辛味成分が多いので、皮はむかずに利用しましょう。身体を温める作用があるので、風邪の予防や冷え性、生理痛にも効果があります。

なめこ

なめこ

なめこのぬめり成分は、水溶性食物繊維のペクチンによるものです。ペクチンは、体内で余分な脂肪や有害物質を排出し、動脈硬化や、がん予防に効果があります。山芋などにも含まれるぬめり成分は、胃の粘膜を保護して、胃炎や胃潰瘍を予防します。ナイアシンとぬめり成分には、アルコールを分解する働きもあるので、お酒を飲む時や飲んだあとに食べると良いです。

白菜(はくさい)

冬場の野菜ですので、カットしたものでなければ、新聞紙に包み、冷暗所に立てて保存します。ただし、夏場は新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。刃を入れると傷みが早くなるため、使う分だけ葉を剥がして使うと長持ちします。 1/2や1/4にカットされたものより、丸ごと買う方が長持ちします。

  • まるで抹茶のように飲める青汁

新着記事