デンプンを含む野菜

さつまいも

さつまいも

サツマイモは、芋類の中ではカロリーが高めですが、便秘解消や美容効果の面で、女性にとってうれしい野菜です。ビタミンCは、焼き芋か蒸し芋にすることで、美肌作りにさらなる効果が期待できます。

里芋(さといも)

里芋(さといも)

里芋の主な成分は炭水化物ですが、水分が多いので、カロリーはさつまいもの半分以下。ダイエット中でも安心して食べられる野菜です。また、便秘を解消し、肥満に効果のある食物繊維とビタミンCが豊富なため、美容にも効果が期待できます。

じゃがいも

じゃがいもは、芋類の特徴であるデンプンが主な成分となる野菜ですが、ほかの芋に比べてカロリーが低く、ダイエット中でも安心して食べることができます。また、免疫力を高め、美肌作りには欠かせないビタミンCが豊富に含まれています。

山芋(やまいも)

山芋(やまいも)

山芋は、ビタミンB群、ビタミンC、カリウムなどのミネラル、食物繊維がバランスよく含まれる健康野菜です。 デンプン分解酵素のアミラーゼが豊富に含まれ消化を助けるため、芋類には珍しく、生でも食べることができます。 また、新陳代謝を活発にして疲労を回復し、腎臓の機能を高めて滋養強壮にも作用します。

百合根(ゆりね)

おがくずと一緒に入っていたものなら、洗わず、おがくずに埋めて箱のまま冷蔵すると2~3ヶ月は鮮度を保てます。おがくずの無いものを購入したら、新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。ゆり根は水気に弱いので、水分を含むと傷みが早くなります。水洗いしてしまった場合は、早めに利用することができなければ、冷凍した方が美味しく食べられます。

蓮根(れんこん)

蓮根(れんこん)

淡白な見かけによらず、ビタミンCが多く、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいる野菜です。蓮根には、炎症を抑える作用や血圧を下げる効能があり、胃炎や胃潰瘍、高血圧の改善に効果があります。ただし、便秘の時は、食べ過ぎるとかえって胃に負担をかけてしまうので、注意しましょう。蓮根を切ってすぐ酢水につけると、変色を防ぐことができます。

  • 野菜宅配サービ

新着記事