アリシンを含む野菜

たまねぎ

たまねぎ

玉ねぎを切った時に、目や鼻を刺激するのは、刺激臭と辛味をもつ、硫化アリルという薬効成分です。硫化アリルは、血小板の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあり、高血圧や動脈硬化にも効果的です。また、心身の疲れを取り除き、イライラや夏バテを予防する効果もあります。

ニラ

ニラ

スタミナ野菜としても注目されるニラの独特の香り成分は、アリシンという成分によるものです。アリシンには、ビタミンB1の吸収を促進する働きがあるため、豚肉などと一緒に調理すると、代謝が良くなり滋養強壮・疲労回復に効果があります。その意味で、豚キムチはとても理にかなったメニューです。代謝の悪い人や虚弱体質の人はメニューに積極的に取り入れましょう。

ニンニク

ニンニク

にんにくは、古くから滋養強壮に良いとされ、高い疲労回復効果があります。その効果のもとは、玉ねぎにも含まれる、硫化アリルの一種のアリシンです。アリシンは、心身の疲れを癒す効果があり、さらに体内でビタミンB1と結合し、新陳代謝を活発にして疲労回復に作用します。また、血液をサラサラにする働きがあり、高血圧や動脈硬化にも効果的です。

葱(ねぎ)

葱(ねぎ)

ネギを保存する時のポイントは、白い茎の部分と、緑の葉の部分を切り分けて保存することです。これは、茎の部分の栄養が、緑色の葉ねぎのほうに流れてしまうのを防ぐためです。白い茎の部分は新聞紙に包んで冷暗所に立てる、もしくは冷蔵庫で保存します。葉の部分はラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。ネギは刻んで冷凍もできますが、冷凍すると風味が逃げてしまうので、薬味としては利用できません。

  • まるで抹茶のように飲める青汁

新着記事