たんぱく質を含む野菜

枝豆(えだまめ)

夏が旬のえだまめは、ビールのおつまみの定番ですが、これは二日酔い予防と夏バテ予防に対して理想的な組み合わせです。枝から切り離すと一気に鮮度も味も落ちるので、枝無しのえだ豆は購入後すぐに塩茹でしましょう。 茹でることで劣化を抑えることができます。

カリフラワー

疲労回復や美肌作りに欠かせないビタミンCが豊富で、加熱しても損失が少ないのが特徴です。カリフラワーは白っぽくて、一見栄養が少なそうですが、ビタミンCはキャベツの約2倍と豊富に含まれています。茎部分にはつぼみ部分の数倍のビタミンCを含んでいるので、捨てずに食べましょう。

グリーンピース

グリーンピース

えんどう豆の未熟果のグリーンピースは、彩り野菜というイメージがありますが、さやえんどうと同様に栄養価の高い野菜です。たんぱく質や糖質のほか、様々なビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるので、単なる彩りとしてではなく、積極的に食べるようにしましょう。

里芋(さといも)

里芋(さといも)

里芋の主な成分は炭水化物ですが、水分が多いので、カロリーはさつまいもの半分以下。ダイエット中でも安心して食べられる野菜です。また、便秘を解消し、肥満に効果のある食物繊維とビタミンCが豊富なため、美容にも効果が期待できます。

さやいんげん

さやいんげん

緑黄色野菜のさやいんげんは、カロテンやビタミンB群がバランスよく含まれています。カロテンは、視力回復やお肌の乾燥に効果的です。ビタミンB群は疲労回復や皮膚や粘膜を保護、集中力を高め、精神を安定させるなどの作用があります。

さやえんどう

えんどうを早採りしたものがさやえんどうで、カロテンやビタミンCが多く含まれています。カロテンは、皮膚や粘膜を丈夫にし、ウイルスや細菌に負けない身体をつくる上、美肌作りにも欠かせません。ビタミンCは、メラニン色素を抑制する作用があり、カロテンとともに美白効果を高めます。

空豆(そらまめ)

空豆(そらまめ)

空豆(そらまめ)は、たんぱく質やビタミンB群やビタミンCが豊富に含まれている野菜です。たんぱく質には肝機能を守る働きがあり、悪酔いを予防し、抗酸化作用の高いビタミンB2は、ビタミンCとの相乗効果で粘膜や皮膚を健康に保ち、美容効果に期待できます。

とうもろこし

とうもろこしは、米、小麦と並ぶ世界三大穀物のひとつです。 抗酸化作用のある亜鉛やリノール酸が多く、細胞の酸化を抑えて老化防止に働き、美容面で効果が期待できます。粒の中心の胚芽の部分には、ビタミンB群、ビタミンEが多く含まれており、食欲増進や、皮膚を活性化して美肌効果が見込めます。粒の皮の部分には、不溶性食物繊維が多く、便秘を解消して大腸がんを予防する作用があります。

マッシュルーム

マッシュルーム

【冷蔵保存】洗わずにラップに包んで冷蔵庫で保存します。水滴が付いていると傷みが早くなるので、拭き取りましょう。マッシュルームは収穫した後も成長しています。 それに伴い、日が経つに連れてかさの裏が黒ずんできます。【冷凍保存】ラップに包んでジップロックに入れて冷凍庫で保存します。解凍してそのままサラダにしたり、凍ったまま加熱料理に使うことができます。

  • 野菜宅配【おすすめ比較】ウチの家族が全部食べて選んでみたランキング

新着記事