βグルカンを含む野菜

えのき(えのきたけ)

えのき(えのきたけ)

えのきには、ビタミンB群がバランス良く含まれており、特にナイアシンが豊富です。ナイアシンは、アルコールの分解を助けるため、お酒を飲む時に一緒に食べると悪酔いを防ぐことができます。料理にえのきたけを加えることで、食物繊維やビタミンB群が増えるので、積極的に利用しましょう。また、血中のコレステロールを低下させる働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。

椎茸(しいたけ)

椎茸(しいたけ)

椎茸(しいたけ)に含まれているエルゴスチンは、紫外線(日光)にあたるとビタミンDに変化します。使う前に30分~1時間ほど天日干しするだけで、このビタミンDが増すだけでなく、旨味もアップします。また、干し椎茸も、水で戻す前に天日干しすると、同様の効果があります。

舞茸(まいたけ)

【冷蔵保存】ラップに包むか、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。水滴がついていると傷みやすいので、キッチンペーパーなどで拭き取りましょう。【冷凍保存】舞茸に限らず、全般的にキノコ類は冷凍保存しやすい野菜です。根元の先の固い部分、石づきを取って、小分けにしたあと、ジップロックに入れて冷凍保存します。使う時は解凍せずに、そのまま調理に利用できます。

  • 野菜宅配【おすすめ比較】ウチの家族が全部食べて選んでみたランキング

新着記事