七草粥について|お正月で疲れた胃腸を回復

最終更新日

七草粥について|お正月で疲れた胃腸を回復

この記事のハイライト

  • 七草粥(ななくさがゆ)の由来を解説しています
  • 七草の種類を掲載しています

少し遅いですが、明けましておめでとうございます。
皆様は良い新年を迎えられたでしょうか。

飲み喰いの好きなワタクシは、大変不摂生なお正月を送っておりました。
明らかに身体のエネルギー消費量を上回る摂取を続け、体重は増え、若干顔もむくんでいます。
胃腸へのダメージも心配される今日この頃です。

そこで、新年の野菜ブログの書き初めとして、今回は七草粥(ななくさがゆ)について調べてみました。

日本人なら一度は耳にしたことがある七種粥ですが、おせちほどメジャーな料理では無いような気がします。
毎年欠かさず食べている、という方も意外と少ないのではないでしょうか。

七草粥(ななくさがゆ)とは

七草粥(ななくさがゆ)、別名、七種粥とは、通常、1月7日(人日の節句)の朝に食べられる日本の行事食のことです。

一年の無病息災を願って食べられますが、実際は、お正月の暴飲暴食で弱った胃腸を回復させる意味合いが強い気がします。

また、おせち料理などは、比較的日持ちの良い食品をチョイスしていますが、2〜3日経つとやはり食材は傷んでくるため、その解毒作用としても、七草粥を食べる風習があります。

七草粥は、1月7日に食べられることがほとんどですが、1月15日、16日、2月7日に食べる地域もあるようです。

七草の品目

七草粥の七草には、地方によって差がありますが、最もオーソドックスな品目は下記の7つです。

セリ

セリ

【画像出典:Wikipedia

セリ(芹)は、セリ科の多年草で、独特の香りを持ち、春先に採れる若い茎の部分を食べます。

ただし、野外で採取する場合には、有毒なドクゼリと区別する必要があります。
現在では、スーパーや八百屋さんなどで、七草のセットとして売られていることが多いので、そちらを使う場合はまず心配は要らないでしょうが、ご自身で採取する時は、注意したいですね。

ナズナ

ナズナ

【画像出典:Wikipedia

ナズナ(薺)は、アブラナ科ナズナ属の越年草で、別名、ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)とも呼ばれます。

『ペンペン草も生えない』と例えられるように、田畑や荒れ地、道端などの至るところに生える草です。
ちなみに、「ぺんぺん」とは三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ているためだそうです。

陰干しした後、煎じたり、煮詰めたりしたものは、肝臓病・解熱・下痢・高血圧・止血・腹痛・便秘などに効果的で、薬効に優れた薬草として利用されています。

ゴギョウ(オギョウ)

ゴギョウ(オギョウ)

【画像出典:Wikipedia

御形(ごぎょう、おぎょう)と呼ぶ場合があり、茎葉の若いものを食べます。
ハハコグサ(母子草)の別名であり、キク科ハハコグサ属の越年草です。

道端などに普通に生えていて、冬の水田にもよく見かけられるようです。
細かく刻んで日干しして、お茶にすると、咳止めや内臓に効果的なお茶になります。

ハコベラ

ハコベラ

【画像出典:Wikipedia

ハコベラは、ハコベの別名の春の七草のひとつで、ハコベとは、ナデシコ科ハコベ属の総称を指します。
単にハコベというときは、ハコベ属の1種であるコハコベのことを指す場合が多いようです。

ハコベは、世界に約120種あり、日本には約18種あります。
ちなみに、同じ『ハコベラ』という名称の熱帯魚もあります。

ホトケノザ

ホトケノザ

【画像出典:Wikipedia

ホトケノザ(仏の座)は、キク科に属する越年草の一つで、若い葉の部分を食用として利用します。
別名、コオニタビラコ(小鬼田平子)、タビラコ(田平子)と呼ばれます。

標準和名としてはコオニタビラコを使用するようです。
湿地を好み、田や周囲のあぜ道などに多く生える草です。

スズナ

スズナ

【画像出典:Wikipedia

スズナと聞くと、あまり馴染みがありませんが、カブの葉の部分を指します。
スズナは、『鈴菜』と書き、カブの根の白い部分の形を、鈴の形に見立ててこのような名前が付いたとされています。

ちなみに、フランスではカブはあまり好まれず、日本で『大根役者』に相当する言葉は、『カブ役者』と呼ばれるそうです。

スズシロ

スズシロ

【画像出典:Wikipedia

スズシロは、大根の別名で、七草粥には大根の葉の部分を用います。
大根にはたくさんの品種があり、皮の色が白色のもの以外に、赤・緑・紫・黄・黒などがあります。
ただ、日本ではほとんどが白い品種のため、スズシロ(清白)という別名で呼ばれるようです。

スズシロは栄養価が高く、また、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用があります。

さいごに

七草の種類を全部ご存知でしたでしょうか?

ちなみに、白米だけのお粥に七草を入れるだけでなく、お餅やあんこを入れる地方もあるようです。
また、気候風土の関係上、七草が揃わない場所では、ゴボウやにんじん、ありあわせの青菜を入れて代用する場合もあるようです。

さらに、お粥だけでなく、雑炊や、和え物、おひたし、汁物といった調理法で食べる地域も多く、単純に七草粥と言っても日本全国で多種多様のバリエーションがあるようです。

そんな七草粥ですが、種類は多くとも、意図するところは同じではないでしょうか。
疲れた胃腸を整えて、健康に、そして幸福に。

あなたの1年が、素晴らしい年になりますように。
そして、本年もこの野菜ブログ、ベジナビをよろしくお願いいたします。

関連する記事