野菜は出荷前に農薬を落としているの?スーパーや飲食店の野菜について

最終更新日

飲食店の野菜

ほとんどの方は、普段食べる野菜を近くのスーパーで購入されていると思います。
スーパーの野菜って、そのままでも食べられそうなぐらいキレイなものがほとんどですよね。

色も鮮やかで形や大きさも整っていて、見た目からして美味しそうなものばかり。
特に意識せずに冷蔵庫から取り出して、さっと水で流すだけでお料理に使ったりしていませんか?

「してるしてる」という方、ちょっと待ってください!
その野菜、本当に「キレイ」なんでしょうか?

今回はいつも私たちが口にするスーパーや飲食店の野菜が、農薬の影響を受けているかどうか調べてみました。

収穫された野菜は出荷前に農薬除去されている?

突然ですが、化学合成農薬や化学肥料を使って農作物を育てることを「慣行栽培(かんこうさいばい)」と言うのをご存知ですか?

…と、何だかえらそうに言ってみましたが、実は私も最近初めて知った言葉なんです。
私たちが食べている野菜の多くはこの慣行栽培で育てられているため、農薬がたっぷりと使われています。

実際に「どれぐらい農薬が使われているのかな?」と疑問に思う方は、都道府県庁のウェブサイトで「慣行レベル」と検索してみてください。

きっと想像以上の農薬の使用回数に、ほとんどの方が驚かれるんじゃないでしょうか。
あなたやあなたの大切な家族の口にするものに、どれぐらい化学物質が含まれているか、きちんと把握しておくことはとっても大切なことです。

では栽培時に野菜や果物にたっぷり付いた農薬、「そのままの状態で私たちの手元に届くの?」と不安ではないでしょうか?

実は全国のJAの多くでは、農作物に付着した農薬を出荷前にチェックするシステムを導入しています。

これは野菜の種を蒔くごとに、その生産者が生産履歴書と言われる記録を残し、堆肥の状態や肥料・農薬の散布状況などその都度記入していくというもの。

出荷前にはこの生産履歴書の情報を、農薬を管理するシステムに入力し、その使用が適切かどうか検査をするのです。

この検査に合格した野菜のみが出荷され、万が一不適正な農薬の使用が認められると、その作物は出荷停止となって流通することはありません。

しかし、これはあくまで「農薬が正しく使用されているかどうか」というチェックのみ。
つまり基準値に収まる範囲では、農薬は野菜に付着したままということなんです。

たしかに作物に付いた農薬は、出荷前の段階で、風や雨にさらされたり、紫外線の働きなどによって一部分解されることもあります。

しかし、を完全に除去するような特別な対策がとられている訳ではなく、そのままスーパーなどの小売店を経て、私たちの手元に届いているのが現状なんです。

スーパーの野菜は農薬まみれ?

スーパーで売られている野菜のほとんどには、農薬がたっぷり付着したままだということはすでにご説明した通り。

ではそもそもどうして、こんなにも農薬を使う必要があるのでしょうか。
「あちこちで危険性が指摘されているのに…」って思いませんか?

答えは簡単。
農薬を使わないと、一定の品質をもった作物の収穫量を確保し続けることができないから。
つまり、経済的な理由からなんです。

農業では、田んぼや畑をわざわざ作って同じ作物を大量に栽培し、収穫する必要がありますよね。
そのため疫病や害虫のリスクは、自然の環境よりもずっと高いんです。

そこでできるだけ手間ひまをかけず、野菜や果物をコスパよく大量に作るためには、農薬が必要になってくるんです。

スーパーなどの小売店も、事情はほぼ同じ。
安価な値段で大量に仕入れないと、採算がとれないのです。

もちろんスーパーで買える野菜や果物も、残留農薬の安全基準はクリアしています。

でも、よく考えてみてください。
化学物質をたくさんかけて、人工的に虫に食べられないようにした野菜を、人が食べるというのは、なんだか不自然な気がしませんか?

飲食店の食べ物は農薬に気をつかっている?

それでは飲食店の場合はどうでしょう?
家族での外食は、家庭で食卓を囲むのとはまた違った楽しみですよね。
でもそこで使われている野菜、一体どこでどうやって育てられたものなのでしょうか?

一般的な飲食店の場合、儲けを増やすために、仕入れにかかるコストの低い材料を使う場合がほとんど。

もちろん国産の野菜ではない可能性も、少なくありません。
外国産の野菜の場合、ポストハーベスト農薬と言って、防虫や防カビ効果を高めるために、出荷前の野菜にわざわざ農薬を散布することもあるんですよ。

この場合、通常の国産のものより農薬が多く残留していることはほぼ間違いないでしょう。
だからこそ無農薬野菜や有機野菜を使用している飲食店が、注目を浴びているのも頷けますね。

また飲食店では、ご家庭とは違い一度に大量の材料を調理する必要があります。
そのため野菜をひとつずつしっかり洗ったり、皮を剥く手間や下処理などを省いている場合もあるとか。

野菜の表面に付着した農薬の影響は、ご家庭よりも大きい可能性は多いにありそうですね。

スーパーの野菜にも飲食店で食べる野菜にも言えることですが、「皆が食べているから安心」というわけでは決してないんですよ。
家族の健康に、値段は付けられませんよね?

結局、安心して食べられる本当に身体にいいものが、家族のためには一番だと思いませんか?

この記事の出典元

関連する記事