農薬を含んだ野菜を食べ続けると病気になる?

最終更新日

農薬野菜

「身体は、食べたものからつくられる」とよく言いますよね。
普段何気なく食べているものでも、身体に与えている影響は想像以上に大きいもの。
小さな子どもなら、なおさらです。

まだ幼い息子をもつ身として最近特に気になるのが、野菜の残留農薬の問題。
よくニュースでも取り上げられていますよね。

農薬が身体によくないことは知っていても、具体的にどんな影響があるかまでは分からないという方も多いのではないでしょうか。

実は私もそんな一人です。
そこで野菜の残留農薬が身体へ与える影響について、詳しく調べてみました!

農薬を摂取し続けることで起こりうる病気・症状

農薬は野菜や果物を育てる時に、病気や害虫の被害から作物を防ぐために使われています。

この農薬、通常は雨や風で洗い流されたり、日光や作物みずからの力で分解されるので、時間とともに自然に減っていきます。

しかし、それでも農薬が作物に微量に残ったまま収穫されることが少なくないのが現状です。
そして、この野菜に残った農薬が「残留農薬」と言われるものです。

農薬の中には「毒物」や「劇物」として取り扱われているものもあります。
たとえ残留農薬の量が少なくても、食品は毎日口にするものですよね。

長期間摂取し続けることで少しずつ影響を受けていれば、やがては農薬中毒などの症状を引き起こす可能性も否定できません。

具体例な症状をあげると、頭痛や腹痛、めまい、咳、吐き気、呼吸困難のほか、知覚麻痺や運動麻痺といった神経系への影響も気になるところです。

また外国産の農作物の場合、日本に輸送するには時間がかかるので、その間のカビや害虫の発生を防ぐために、収穫後に農薬を使用することもあります。

これは「ポストハーベスト農薬」とも言いますが、ご想像のとおり、作物への農薬の残留濃度はさらに高くなってしまいます。

手にしている野菜が農薬だらけなのかそうでないのか、目で見て確認することはなかなか難しいですよね。

私のように小さな子どもをもつご家庭や妊娠中・授乳中の方は、特に気を付けられることをおすすめします。

農薬で癌(ガン)のリスクはある?

農薬についてネットで検索すると、いろいろな病気を引き起こす危険性について書かれている記事がいくつも出てきます。

そのひとつが、癌(ガン)です。
実際に農薬の中には、発がん性のある物質も含まれているのはご存知でしたか?

日本の場合、農薬取締法という法律があって、農林水産省で安全だと認められた農薬だけ使用登録ができるという決まりがあります。

そのため登録時には何種類もの試験が義務付けられていて、その中にはラットやマウスを使った発がん性の実験も含まれています。

だったらなぜ、発がん性のあるものが農薬に使われているのかと疑問に思いますよね。

じつはこの実験の結果、動物に癌の発生がみられた場合でも、実際に農薬として用いる場合にそれほどのリスクが認められないと判断された時は、使用が許可されてしまうのです。

この安全基準はとても厳しいものなので、一般的には農薬が癌の直接的な原因となることは考えにくいとされています。

とはいえ、癌の発生するメカニズムはまだまだ研究途中。
詳しい要因など、はっきりとは分かっていないことも少なくありません。

農薬でアトピーのリスクはある?

癌の次に多かったのが、アトピーの心配です。
既にご存知の方も多いように、アトピー性皮膚炎とはかゆみの強い慢性的な皮膚の炎症のこと。

子どもの頃に発症することが多く、皮膚のバリア機能が弱いとなりやすい病気です。
農薬とアトピーとの関連性について、いろいろな資料を参考に自分でも調べてみました。

結論的に言うと、現在のところ農薬が原因でアトピー性皮膚炎になったという報告はありませんでした。

実は農薬の登録申請のための実験には、「皮膚・眼刺激性試験」や「皮膚感作性試験」といったアレルギーやアトピーの原因になるかどうかという実験もあります。

この実験でもしその可能性が認められた場合、農薬としての登録申請はできなくなります。
そのため農薬がアトピー発症の主な原因となる可能性は、とても少ないと言えます。

しかしここからが難しいところなのですが、だからといって全ての人に必ずしも安全だとも言い切れないのです。

アトピーは発症の原因も複合的で、症状の程度も個人によるところがとても大きい病気です。

そのため動物実験で陰性だったとしても、それはあくまで実験の結果のひとつであって、全ての人がアトピーを発症する可能性がないという根拠にはならないのです。

アトピーは、体内の免疫バランスの異常によって起こります。
そのため免疫力を左右する毎日の食事と、その症状には深い関わりがあるのです。

アトピーでお悩みの方は、農薬や食品添加物といった化学物質の摂取を避けた方がいいと言われているのを聞いたことがありませんか?

これにはきちんとした理由があったんですね。
じつは私の3つ上の姉もアトピーで、子どもの頃から口にするものにはずいぶんと気を遣っていました。

私たちは毎日の食事から、筋肉や骨などをつくる栄養素を取り入れたり、身体を動かすエネルギーを確保したりしています。

身体にいいと思って食べていたものが、反対に悪い影響を与えていたと分かるとショックも大きいですよね。
家族の健康な生活のためにも、食材はひとつひとつ慎重に選びたいと改めて思いました!

この記事の出典元

あわせて読みたい記事

関連する記事