利用しようか迷ってる方【必見】宅配する際のメリットとデメリット

最終更新日

メリットとデメリット

知人に宅配サービスってどうなの?と聞けば「自宅に届けてもらえる」とか「価格設定がやや高め」など多くの情報を提供してくれると思います。

でも実は食材や野菜の宅配サービスのメリットやデメリットは個人によって感じ方が大きく異なります。

都心に住むAさんでは価格が高くてお得感が全くなくても、車でしか移動手段が無い様な地域に住むBさんは生活スタイルのトータルコストを考えた時に送料を含めても十分お得感があったりします。

また、自宅に帰るのはいつも深夜という方の場合は日中不在でも配達してくれたり、買い物に行く時間が無くても休憩時間にスマホで注文できたりと生活環境によって多くのメリットを感じ取れるかもしれません。

しかしながら、同様にデメリットを感じる状況もありますのでそれらをまとめて知ってもらえればと思いますので是非参考にしてみてください。

多くの人が感じるメリットって何だろう?思った事まとめて紹介します

一番のメリットは自宅まで届けてくれる事

やっぱり一番のメリットは、注文したらマンションでも戸建でも自宅の玄関まで届けてくれることではないでしょうか。

普段はあまり「ありがたみ」を感じなくても病気の時や怪我の時、夏の暑い時期でも冬の寒い時期でも、雨の日だってもちろん関係なく野菜を配達してくれるのですから助かります。

小さなお子さんが居るご家庭や妊婦の方は重たい食材を運んだりするだけでも大変な労力ですし、マンションではさらに大変でしょう。

さらに買い物に行く時間を省けますから、家事の時間や仕事の時間に充てることで効率よく時間活用ができるようになりますのでとても便利です。

各社ともに一部条件がありますが、独身の方などは日中仕事をしていて自宅に居ない時間帯でも配達してくれるサービスだったり、帰りが毎日遅い方などは夜間配達などのサービスにメリットを感じているようです。

近所のスーパーでは手に入らない種類の野菜が買える

珍しい野菜
近所のスーパーでは出回らないような珍しい野菜や産地でしか消費されないような希少野菜などが宅配サービスでは簡単に購入する事が可能です。

例えば、京都でしか生産されていない京野菜などでは市場に出回るまえに消費されてしまい関東で販売されることはほとんどありません。

ですが、ネット販売なら送料は別として地元と同じ値段で買うことができます。

インターネットの普及による恩恵は地域や季節を問わず全国の農家さんと提携してるので各地の知らなかった旬の野菜を購入することができますし、生産者から直接調理法なども聞くことができるから心配も要りません。

生産者がわかる野菜とサプライチェーントレーサビリティがわかる加工食品

「安心できる野菜」というのも宅配サービスの満足度を高めている要因のひとつといえます。

野菜を提供している各社、及び各自治体の農家組合などでは独自で定めた基準値を設けて検品・出荷を行っています。

基準値の詳細については割愛させていただきますが、日本国内基準と同等の数値やそれよりさらに厳しい基準値を設定しているところだったりと各社にバラつきはありますが徹底した管理を実施しているのは間違いありません。

あまりご存知のない方も居ると思いますのでご説明しますが、農家は苗を購入して育てる場合もあるのですが種から苗の生産は別の専門農家になります。

宅配サービスと提携している農家は前者の農家(出荷)になりますから苗を生産している専門の農家は極端にいうと化学肥料を使っていたとしてもわからないのが普通です。

しかし、宅配サービスの企業では苗の生産までさかのぼって肥料や農薬の管理をしているため、食品に表示されないようなところまで徹底しているのはとても感心させられます。

放射能検査なども第三者機関による数値を全品・抜き打ちにて実施を行っており、過去数年間まで非会員でも閲覧することができるようになっています。

さらに野菜の宅配サービスではほとんどの企業で加工品などの地元食材、もしくは提携している農場製品なども一緒に提供販売していますので合わせて食材を注文することができます。

もちろん加工品などの全ての食材の原材料の生産から製造・配送・販売ルートまでの流れを管理出来ているのは直接生産者と契約して販売出来るシステムがあるからです。

食の安全はお金で買えないという常識を、宅配サービスでは無料で「見える化」されているという事です。

常識を覆した!?配達だからって鮮度は負けません

配送・配達
実は鮮度の高い野菜が購入できるのもネット販売のメリットです。

ネット宅配が新鮮なの?と思った方も多いのではないでしょうか。

スーパーなどでは収穫から店頭販売までは出荷や検品・梱包作業を行い配送ルートに沿って配達され店頭に並びます。

もちろん収穫した当日に店頭に並ぶこともあるのかもしれませんが、やはりほとんどの場合が時間が経ってしまうのは致し方ない事だと思います。

でも、ある宅配サービスでは採れたて新鮮野菜を提供するために、注文後に収穫を行い即日出荷を行っているため鮮度の高い野菜を食べることができる企業もあるんです。

配送サービスというと在庫管理をしているものから出荷されているイメージも多かったのですが、今ではとっても鮮度の高い野菜を提供してくれているという事です。

これも農家さんの努力だったり、消費者と直接かかわり合う事ができるからこその思いからだと感じ取れます。

では、宅配サービスでのデメリットとはなんでしょうか

送料や年会費などの利用料が定期的かかる

やっぱり多くの方が感じるデメリットは送料が掛かってしまう事でしょうか。

もちろん冒頭にも記述しましたがデメリットと感じないケースも多々あるとは思いますが無かったら嬉しいものです。

送料自体の金額はクール便での配達となる為、各社とも大きく変わることはありませんが時折、自社配送エリアであれば格安で提供されることもあるようです。

各社で変わってくる内容は送料が無料になったりする購入金額の設定が違うという事です。

例えば10,000円以上での購入で送料が無料になったり、12,000円以上で無料になったりと様々ですので公式サイトなどで随時確認して頂くことが賢明です。

※昨今では配送料の値上げが著しく価格変更が多いので確認することをお勧め致します。

さらに、宅配サービスでは年会費などが徴収される事がほとんどです。

初回利用料だけで、以降は無料という場合や妊娠中の方や乳児、お子様のいるご家庭などでは無料になったり割引特典があったりしますが一部の条件を満たす方のみですのでほとんどの方が毎年利用料を払っているような状況です。

もちろん、会員にならなくても宅配サービスを利用できる企業もありますが非会員だと割高になっていたりすることもありますのでライフスタイルにあわせてトータルで考えないといけません。

こうした年会費が定期的に掛かってきてしまうという事もデメリットと感じている人が多いようです。

販売されている野菜などの食材価格がやや高め

どうしても近くのスーパーよりも価格は高くなってしまいます。

有機野菜や無農薬野菜、無添加食品などの提供により通常の生産方法よりも手間をかけてより安全に育てられた食品ですから価格は割高となります。

激安スーパーなどの安い食材を多く購入したいという場合はあまりおすすめ出来ません。

ですが、宅配サービスの中でも比較的に低価格帯で提供しているところもありますのでそういった価格を重視するのであればコープデリやパルシステム、生協などがいいと思います。

やはり価格で勝負となると分が悪いかもしれませんが、そのかわり農薬の管理や放射能検査などの安全・安心をお約束できています。

価格帯だけをみてしまうとデメリットと思うのかもしれません。

もうひとつは注文してから届くまでのタイムラグ

ネット注文ではしょうがない事なんで気にならない人もいるかもしれませんが、宅配サービスは注文してから早くて1日、遅いと1週間ほどかかる場合があります。

今日の夕食はカレーにしたいからこの野菜を買おうと注文しても夕食までには間に合いません。

急いで必要になった場合などでは利用できないという事です。

ほとんどの定期宅配サービスでは1週間に1回もしくは2回程度しか配送してくれません。

ですから1週間分をまとめて購入しなければならない為、料理などの献立をある程度考えておく必要がでてきます。

もちろん必要なければ「今週は配送不要」という事も出来ますし、注文する野菜などの種類も毎回選ぶのが面倒くさいということであれば旬の野菜を選んで配送してくれるセット販売もあります。

こうした定期便を利用することで時間の短縮も可能ですが、注文してから配達までの時間はかかりますので初めての場合は注意していただきたい。

では、近所の農家から直売できる場合はそのほうがいい?

農家直売
郊外にお住まいの方は、スーパーよりも近くに農家さんがあったりすることも珍しくはないと思います。

トマトだったり、キャベツだったり、2~3種類の野菜を出荷していることが多くハウス栽培では冬でも夏野菜を生産していることもよくある光景です。

そういった農家さんは農協や組合の卸などに出荷しているのですが、実は直接行くと販売している場合も結構あるんですよね。

ではそういった農家さんから直接購入する「直売」「直送」などはどうなのでしょうか。

私が感じた直売・直送のメリットやデメリット

こだわりの安心できる野菜を育てている生産者を見つけられれば迷わず買った方がいいかもしれませんね。

直送や直売の場合、その生産者が作ったものしか販売されることはありません。

例えば、みかんやりんごなどを農家さんから直送してもらった場合に他の方が作ったものは絶対に入らないのと同じように直売でも一緒です。

つまり、同じ品質のものしか直売してませんので、安心して野菜を購入できます。

直売や直送の場合、生産者の「顔」がみえてきます。

生産者と消費者が直に接することで、生産者だってもっと美味しい野菜をつくろうという気持ちになりますし、消費者はこの人がつくった野菜だとわかれば安心できるし、さらにおいしく食べられるかもしれません。

さらに踏み込んでいければ、農家さんが虫の駆除や雑草の除去だったり、野菜を病気から守る為に朝早くから夜遅くまで畑を管理している姿を知れば食に対する考え方や好き嫌いも減ってくるのではないでしょうか。

しかし、どうしても払拭できないのが送料の問題です。

野菜を単一の農家さんから購入する際に、提携している定期便などは無いため送料などが割高になることが多い。

とくに、単一の農家さんでは何十種類もの野菜を生産していませんので2~3種類のみでの発送となることがほとんどです。

ですので多くの野菜を購入したい場合にはあまりおすすめはできないと思います。

また、季節により販売する野菜が限定されることや販売する量にも限りがあり必ず購入できるとも限りません。

さらには異常気象や自然災害などでは生産ができなくなってしまう事や価格が跳ね上がる事も考えられます。

そうした状況もあり得ますが直接購入できることはうれしい事です。

それでもやっぱり頼みたくなるのが宅配サービス

宅配サービスは全国の品質の高い野菜を生産する選りすぐりの農家さんと直接提携し「適材適所」、土地や気候に合った食材を全国から食卓へ提供しております。

つまり、一番おいしく生産できる場所で育てて、一番おいしくなった時期に販売する事ができるようになっております。

自然災害や異常気象があったとしても全国の農家さんと契約をしている為、価格の高騰なども抑えることもできます。

独自でも設けた基準による厳しい化学肥料や農薬基準をクリアした厳選された生産方法となる為、病気や害虫等から守るのも非常に手間が掛かるからこそより美味しい野菜を提供することができているのです。

どちらが絶対にお得ということはありません。

野菜の宅配サービスでも、農家さんからの直売でも、どっちもメリットがたくさんあるという事です。

関連する記事