しめじ

しめじについて

疲労を回復し、美容面でも効果的

しめじは、種類によって栄養価が異なりますが、ビタミンB群と食物繊維が豊富という点で共通しています。
ビタミンB群には、新陳代謝を高める働きがあり、疲労を回復したり、皮膚や粘膜を保護する作用があります。
豚肉と一緒に調理するとより効果を高めることができます。
食物繊維は、腸内の有害物質を排出し、肌荒れや大腸がん予防、便秘の解消、コレステロール値の低下に効果があります。

しめじは、水洗いすると旨味が逃げてしまうほか、かさの部分は水を含みやすいため、石突き(軸の先の固い部分)を切り落とし、そのまま調理に使いましょう。

ぶなしめじは美白効果が高い

しめじの中で、一番流通量が多い「ぶなしめじ」は、メラニン色素の生成を抑制するチロシナーゼ阻害物質が含まれ、美白効果に期待できます。
また、ぶなしめじは日光に当てることで、エルゴスチンという成分がビタミンDに変化するので、歯や骨を丈夫にする働きがあります。

ひらたけは二日酔い予防、ダイエットにも効果あり

ひらたけは、ナイアシンを豊富に含んでいるため、アルコールの分解を促進し、二日酔いを予防する作用があります。
また、レクチンという成分は、食べ過ぎを抑制する効果もあるので、ダイエットにも利用できる野菜です。

しめじの栄養価

ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、食物繊維、アミノ酸

旬の季節

美味しいしめじの見分け方

  • かさが欠けていたり、軸から取れていないもの。
  • かさが密集してツヤのあるもの。
  • 黒褐色に変色したものは味が落ちているので避けましょう。

しめじの賞味期限

5日

しめじの保存方法

冷蔵保存

パックにラップする、もしくはタッパーなどの密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存します。
きのこ類は水気を嫌うので、水滴が付いたらこまめに拭き取りましょう。

冷凍保存

しめじは、冷凍すると旨味が増すため、買ってきたら冷凍して保存しておくと良いでしょう。
解凍せずにそのまま利用できます。
すぐ使えるように、かたい軸の先だけ切り、小分けにして冷凍すると便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ