じゃがいも

じゃがいもについて

美肌成分があり、低カロリーな野菜

じゃがいもは、芋類の特徴であるデンプンが主な成分となる野菜ですが、ほかの芋に比べてカロリーが低く、ダイエット中でも安心して食べることができます。
また、免疫力を高め、美肌作りには欠かせないビタミンCが豊富に含まれています。

本来は熱に弱いビタミンCですが、じゃがいものデンプン質にガードされ、加熱しても損失を少なく摂取することができます。

むくみや高血圧予防に最適な野菜

じゃがいもには、カリウムも豊富に含まれており、別名「カリウムの王様」といわれるほどです。
カリウムは、細胞内の水分や塩分量を調整し、むくみや高血圧を改善する効果があります。

カリウムは熱に強く、水に溶けやすいやめ、煮物にした時は、煮汁ごと食べるようにしましょう。
胃痛、便秘などを解消したり、内臓の働きを整え、疲労回復にも効果があるといわれています。

じゃがいもの芽や緑色の皮は毒性

じゃがいもの芽や、緑色の皮に含まれるソラニンは、苦みやエグ味のある有害物質です。
摂取し過ぎると下痢やめまい、腹痛などの中毒症状を起こすので、注意しましょう。

発芽や皮の緑化は、日光に当たると起こるので、日の当たらない段ボールの中や、冷蔵庫の野菜室で保管します。
芽の部分は多めに取り除き、緑色の皮は厚めにむいてから調理に使うようにしましょう。

ちなみにじゃがいもは、りんごと一緒に保存することと、りんごが出すエチレンの作用により芽の生長が抑えることができ、保存期間を延ばすことができます。

じゃがいもの栄養価

デンプン、ビタミンC、ビタミンB1、カリウム、ナイアシン

旬の季節

美味しいじゃがいもの見分け方

  • 表面の凸凹が少なく、重みのあるもの。
  • 表面にハリがあり、ざらつきの少ないもの。
  • 芽が出ていたり、緑色に変色していないもの。
  • あまり大き過ぎないもの。

じゃがいもの賞味期限

1ヶ月

じゃがいもの保存方法

冷蔵保存

新聞紙に包んで冷暗所に保存します。
日光に当たると発芽し、毒性のソラニンが生成されるので、光を遮断できる環境下に置いて下さい。
夏場は冷蔵庫の野菜室に入れて保存しましょう。
新聞紙に包み、ビニール袋に入れて保存すると冷やしすぎを防止できます。

冷凍保存

ジャガイモはそのまま冷凍すると、パサパサになってしまいます。
茹でて潰してから小分けにして、フリーザー袋に薄く板状にして冷凍庫で保存すると、必要な分だけ折って使えたり、コロッケにも転用できるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ