ピーマン

ピーマンについて

青臭さが血液をサラサラに

ピーマン独特の青臭さのもとであるピラジンには、血液をサラサラにする作用があり、脳血栓や心筋梗塞、動脈硬化の予防に効果があります。
独特の苦みやにおいが苦手な人は、繊維に沿って縦切りにするか、加熱することで軽減することができます。

生食することでビタミンCを効率良く摂取

最近のピーマンは品種改良によって、苦みや青臭さが軽減されているので、サラダなどで生食するとビタミンCを効率良く摂取できます。
ビタミンCはトマトの約4倍の含有量を持つ野菜なので、美容面でも効果が期待できます。

加熱する時は油と一緒に

ピーマンにたっぷり含まれる抗酸化力の高いカロテンは、油との相性が良い成分です。
油で炒めることにより、カロテンの吸収を促し、かさも減るのでたくさん食べられます。

牛肉と合わせると疲労回復

ピーマンには、血行を促進する作用もあります。
チンジャオロースーなど、牛肉と組み合わせて調理すると、疲労回復、体力増強、貧血の予防にもなります。

栄養価が豊富な赤ピーマン

ピーマンは、緑色の青ピーマンが一般的ですが、完熟した赤ピーマンのほうが栄養価を豊富に含んでいます。

がんや生活習慣病を予防

ピーマンの緑は葉緑素によるものですが、暑い日光に当たることで葉緑素は減少していきます。
すると、赤色のカプサンチンが発生し、完熟すると赤いピーマンになります。
カプサンチンには、抗酸化作用があり、動脈硬化やガンをはじめ、生活習慣病予防に効果があるといわれています。

レモンを上回るビタミンC

また、抗酸化作用の高いカロテン、ビタミンCやビタミンEはいずれも、倍以上の量を含み、特にビタミンCは、レモンを上回る含有量となります。
美容効果はもちろん、疲労回復や風邪予防などに効果が期待できます。

ピーマン、パプリカ、唐辛子の違い

明確な違いの線引きは無い

ピーマンは、ナス科のトウガラシ属に分類される野菜です。
トウガラシ属にはピーマン以外に唐辛子パプリカなども含まれますが、実はこれらの野菜の違いについて明確な線引きはありません。

日本では辛味の強いものを唐辛子、弱いものをピーマンと分類しています。
ちなみに他国ではパプリカもピーマンと分類している国もあります。

ピーマンの栄養価

ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンP、カロテン、カリウム

旬の季節

美味しいピーマンの見分け方

  • 緑色が濃く鮮やかで、ハリと光沢があるもの。シワがあるものは避けましょう。
  • ヘタがピンと立っていて黒ずんでいないもの。鮮度はここから落ちていきます。
  • 全体の形のバランスが良く、肩が盛り上がっているもの。
  • 多少形が悪くても問題ありませんが、持った時に軽い感じがするものは避けましょう。

ピーマンの賞味期限

ピーマンの賞味期限(保存期間)は、1週間です。

ピーマンの保存方法

冷蔵保存

穴の空いたビニール袋に入っているものは、そのまま野菜室に入れて保存できます。

水気を切って保存

ピーマンは水気を嫌う野菜です。
水気を拭き取り、キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
水分があると傷みが早くなるので、水滴が付いたらこまめに拭き取りましょう。

黒ずみ

保存したピーマンは、まれに黒ずんでくることがありますが、黒い部分を切り落せば残りの部分は食べることができます。

冷凍保存

種とワタを取り除いて冷凍

ピーマンを冷凍する時は、縦に半分にカットして中の種とヘタを取り、使いやすい大きさに切って、小分けにして冷凍保存しましょう。
使うときは、凍ったまま加熱調理できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ