レタス

レタスについて

体内の老廃物を排出する野菜

レタスは、全体の約95%が水分で、ビタミンC、ビタミンE、カロテンなどを含む野菜です。
ビタミンEは、血液の循環を促進させ浄血作用があります。
また、鉄分により貧血の予防にも効果があります。

サラダなど生で食べるイメージが強いですが、炒め物やスープなど加熱しての調理もオススメです。
利尿や便通をよくする作用があるので、身体のむくみや便秘が気になる時は、生で食べる工夫をすると良いでしょう。
ただし、冷え性の方や身体が冷えやすい冬場は、生食は控えましょう。

若さを保つ秘訣

血液循環を促進するビタミンEは、脂肪の酸化防止にも作用します。
抗酸化作用の高いβカロテンと相まって、細胞の老化を抑制することができます。

加熱調理で美容ダイエットに効果

加熱することで、全体のかさが減り、食物繊維をたっぷり摂取することができます。
ビタミンCは失われますが、ビタミンEは損ないません。
体内の老廃物を排出し、健康な身体作りに貢献します。
カロリーも低いので、美容ダイエットに適した野菜です。

栄養価の高いサニーレタス

現在、最も一般的に流通している結球レタスは、他の種類のものに比べると、実はあまり栄養価が高くありません。
栄養面では、緑色の濃いサニーレタスのほうが、βカロテンやビタミンEが豊富で、抗酸化作用による動脈硬化予防などが期待できます。

βカロテンは、油とともに摂取すると体内への吸収率が高まります。
油で炒めたり、生で食べる時はオイルを含んだドレッシングをかけるなどの工夫しましょう。

イライラを鎮めリラックス

レタスに含まれる乳状のサポニン様物質には、ラクツカリウムという成分が含まれており、鎮静、催眠作用があります。
「レタスを食べると眠くなる」といわれる所以です。

また、カルシウムにもイライラ鎮静効果があるので、ストレスがたまりがちの方はレタスを油で炒めて、たっぷりと食べると良いでしょう。

レタスの調理ポイント

加熱は短時間で

レタスを加熱し過ぎると、シャキシャキした歯ごたえがなくなり美味しさが損なわれてしまいます。
炒める時は強火で、茹でる時はお湯をしっかり沸騰させてから、色が鮮やかになるのを目安に短時間で加熱しましょう。

変色を防ぐには手でちぎる

レタスは「金気を嫌う」といいます。
金属の包丁で切ると、切り口が酸化して茶色く変色してしまいます。
手で食べやすい大きさにちぎると、見た目もきれいに食べられます。

外葉は最後に取っておき、保存に利用

レタスの外葉は中のものより固くできています。
余ったレタスを、外葉で包んでビニール袋に入れて保存しましょう。
水分の蒸発を防ぐことができ、最後までおいしく食べられます。

レタスの栄養価

ビタミンC、ビタミンE、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛

旬の季節

美味しいレタスの見分け方

重量が軽く、また芯の切り口が小さく白いものを選ぶようにしましょう。
重みがあったり、芯の切り口が大きいものは、葉が固く、苦味が強い場合があります。
また、全体的な形が不均一であったり、芯の切り口が変色しているものは避けましょう。

  • 葉の巻きがしっかりして、全体的に丸みを帯びて軽いもの。
  • 緑が濃いめで光沢があり、みずみずしいもの。

レタスの賞味期限

レタスの賞味期限(保存期間)は、3〜4日です。
冷凍した場合は、約2週間ほど。

レタスの保存方法

冷蔵保存

水気をよく切り、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。
鮮度が落ちると苦味が強くなるので、出来るだけ早めに食べましょう。
レタスもキャベツと同様に、芯から悪くなってくるので、茶色く変色してきたら少しずつ削ぎ落とすと、多少は長持ちさせることができます。

冷凍保存

洗って水気をよく切り、食べやすい大きさにちぎったものをビニール袋に入れて冷凍保存します。
冷凍するとレタスの繊維が壊れてシャキシャキ感が損なわれるため、生食には向いていません。
炒め物やスープなどの加熱調理にそのまま使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ