えのき(えのきたけ)

えのきたけについて

コレステロール低下、動脈硬化予防に効果あり

えのきには、ビタミンB群がバランス良く含まれており、特にナイアシンが豊富です。
ナイアシンは、アルコールの分解を助けるため、お酒を飲む時に一緒に食べると悪酔いを防ぐことができます。

料理にえのきたけを加えることで、食物繊維やビタミンB群が増えるので、積極的に利用しましょう。
また、血中のコレステロールを低下させる働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。

エノキダケエキスに含まれる抗がん作用に注目

えのきたけのミネラル類の含有量は、しいたけ以上です。
また、抗がん作用のあるβグルカンが、他のきのこ類より多く含まれています。
最近は、エノキダケエキスに肺がんをはじめとした抗がん作用があるとして注目されています。

必ず加熱調理しましょう

生のえのきには、赤血球を壊す作用があるため、必ず加熱調理して摂取しましょう。
ただし、加熱し過ぎると歯ごたえも風味も損なわれるので、火を通し過ぎには注意しましょう。
クセがないので、どんな料理と組み合わせても調理できます。

えのきたけの栄養価

ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、βグルカン

旬の季節

美味しいえのきたけの見分け方

  • かさが固めで小さく、大きさが揃っており全体的にピンとしているもの。
  • 白色で、ハリがあるもの。白いものほど新鮮です。
  • 茶色く変色したり、しおれているものは避ける。

えのきたけの賞味期限

えのきたけの賞味期限(保存期間)は、冷蔵庫で5日です。

えのきたけの保存方法

冷蔵保存

えのきは水気に弱いため、水気をよく切って、ビニール袋やラップで包んでから冷蔵庫で保存しましょう。

冷凍保存

根元は2cmくらいを切り落としてビニール袋に入れて冷凍します。
軸をほぐしてから冷凍すると、凍ったまま必要な分だけ取り出せるので使いやすくなります。

えのきは冷凍保存することで旨味が増します
生の状態でも茹でたものでも冷凍できますが、炒めて冷凍するとより長持ちします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ