茄子(なす)

茄子(なす)について

眼精疲労に効く、茄子の皮

茄子の成分は水分が90%以上で、ビタミンやミネラル類はあまり含まれていません。
紫色の成分は、ナスニンと呼ばれるアントシアニンの一種です。
抗酸化作用のほか、ブルーベリーと同様に眼精疲労をやわらげ、眼の働きをよくする効果があります。
アントシアニンをしっかり摂取するためには、茄子の皮ごと調理しましょう。

茄子のアクには美容効果が

アクの成分はポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、細胞の老化を抑制し美容効果が期待できます。
また、がんを予防するとともに、コレステロール値を下げて動脈硬化を防ぐ働きもあります。

長時間アク抜きすると、ポリフェノールが流出してしまうので、水にさらすのは短時間に抑えましょう。
アクがさほど気にならない方は、アク抜きの工程を飛ばしても問題ありません。

『秋なすは嫁に食わすな』

茄子は秋になると皮が柔らかく、実が締まって美味しくなります。
このことわざには、美味しいものを独り占めという意地悪の解釈もありますが、茄子には身体を冷やす作用もある野菜なので、子供を産む女性に気をつかっての意味合いもあります。

妊娠中の女性にも当てはまりますが、子供や高齢者にも食べ過ぎには注意しましょう。
生姜を添えて調理することで、身体を冷やす作用を緩和することができます。

茄子の変色を防ぐ方法

茄子はカットすると切断面がすぐに変色する野菜ですが、油で炒めると変色を防ぐことができ、味も良くなります。
一度炒めてからお味噌汁に入れると、アク抜きなしでも美味しく食べられます。

茄子(なす)の栄養価

ビタミンC、ビタミンB1、カリウム

旬の季節

美味しい茄子(なす)の見分け方

ヘタの部分が茶色く変色している茄子は、古くなっているものなので避けましょう。

  • 濃い紫色で光沢があるもの。
    ちなみに傷や変色は味には関係ありませんが、値段が安くなります。
  • ヘタの切り口がみずみずしく、ガクが鋭く尖っているもの。
  • 左右対称で全体にバランスがよく、ずしりと重いもの。

茄子に付着した放射能の洗い落とし方

茄子に付着した放射能(放射性物質)を除去するポイントは、表面だけでなく、ヘタの部分もしっかりと洗うことです。
ボウルに水を注ぎながらスポンジで丁寧に洗いましょう。

スポンジは食器洗い用とは別に、放射性物質を洗い落とす用のものを用意しておきましょう。

塩や重曹を小さじ1杯ほど入れた水に2〜3分浸して、よくゆすいだ後にカットします。

参考家庭で実践できる!野菜に付いた放射能の洗い落とし方・除去法

茄子(なす)の賞味期限

冷蔵庫で2~3日

茄子(なす)の保存方法

冷蔵保存

茄子は低温や乾燥に弱い野菜ですので、しっかりとラップするかビニール袋に密封し、冷蔵庫の野菜室に入れます。
基本的に保存には向かない野菜ですので、早めに食べきるようにしましょう。

冷凍保存

茄子は冷凍に向かない野菜です。
冷凍する際は、表面が焦げるくらいの焼き茄子にして、表面の皮をむきます。
焼き茄子の皮は、熱いうちにむくことがポイントです。
中の具をラップに包んで保存しましょう。
炒め物や汁物の具として、便利に利用できます。

豆知識・雑学

  • 茄子はインドの東部で、紀元前から栽培されていた。
  • その昔、茄子のヘタを焼いた粉末と塩を混ぜ、歯槽膿漏や口内炎の薬として用いられていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ