チンゲン菜

チンゲン菜

チンゲン菜について

動脈硬化やがん予防に効果のある野菜

中華料理でおなじみのチンゲン菜は、抗酸化力の高い野菜です。
カロテンやビタミンが豊富に含まれており、抗酸化作用との相乗効果によって、動脈硬化やがん予防に効果があります。
またカルシウムや鉄も多く、骨粗しょう症や貧血の予防、改善に期待できます。

豚肉などとの食べ合わせが効率的

チンゲン菜は、アクが無いので下茹でが必要なく、色んなメニューに活用できる野菜です。
油と一緒に摂ることで、ビタミン、ミネラルの吸収率がアップし、たんぱく質と組み合わせるとカロテンやカルシウムの吸収率が高まります。
豚肉などと一緒に調理して、より効率的に栄養価を摂取しましょう。

チンゲン菜の栄養価

カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄

旬の季節

美味しいチンゲン菜の見分け方

  • 茎は薄緑色で厚みがあるもの。
  • 葉の幅が広く、色が鮮やかでハリがあるもの。葉先が黄色く変色したものは避けましょう。

チンゲン菜に付着した放射能の洗い落とし方

チンゲン菜に付着した放射能(放射性物質)を除去するポイントは、下から3cmほどの根元をカットし、葉の表面を重点的に全体を丁寧に洗うことです。

食べるサイズに切った後、塩や重曹、酢を入れたお水に2分ほど浸すことで、より放射性物質の除去率を上げることができます。

参考家庭で実践できる!野菜に付いた放射能の洗い落とし方・除去法

チンゲン菜の賞味期限

4〜5日

チンゲン菜の保存方法

冷蔵保存

湿らせた新聞紙に包み、立てて冷蔵庫に入れましょう。

冷凍保存

固めに塩茹でし、水気を切って4〜5cmほどの使い大きさにカットします。
小分けしてラップに包み、冷凍します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ