もやし

もやしについて

一般的にもやしとは、豆を発芽させたもの

もやしは、植物名ではなく、豆、米、麦、野菜の種子を水に浸し、日光を遮断して発芽させた若芽の総称を指します。
スーパーなどで一般的に流通しているものは、大豆や緑豆などの豆類を発芽させたものです。

発芽することで栄養がアップ

もやしの栄養価は豆の種類によって多少異なりますが、発芽すると、元の豆には無かったビタミンCや、消化酵素のアミラーゼが合成される点で共通しています。
ビタミンCは、抗酸化作用が細胞の老化防止や美肌作りに働き、アミラーゼは、消化を助けて胃腸の調子を整えます。

もやしの分類

一般にもやしと呼ばれているものは、けつるあずきから作るブラックマッペと、緑豆から作る緑豆もやしを指し、大豆から作るもやしは、豆もやしと分類されます。

見た目と違う栄養価

見た目はか弱いイメージですが、豆には無い、ビタミンCをはじめ、ビタミンB群、疲労回復に効果的なアスパラギン酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などを含んだ非常に栄養価の高い野菜です。
ビタミンCの損失を防ぎ、歯ざわりを残すためには、加熱調理は手早くしましょう。

豆もやしは、がん予防、うつ病に効果

豆もやしは大豆が原料のため、たんぱく質に含まれるアミノ酸が豊富です。
アミノ酸のリジンは免疫機能を高めてがん予防に効果があり、トリプトファンは神経伝達物質に作用し、不眠症やうつ病を改善すると期待されています。

もやしの栄養価

ビタミンC、ビタミンB群、アスパラギン酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維

旬の季節

通年

美味しいもやしの見分け方

真空パックされているもやしは、保存状態が良好なのでおすすめです。

  • 茎は白く、ひげ根は茶色く変色していないもの。
  • 茎が太めのもの。

もやしの賞味期限

もやしの賞味期限(保存期間)は、翌日までです。

もやしの保存方法

冷蔵保存

袋入りのまま冷蔵庫で保存します。
当日に利用することが基本で、翌日までしか日持ちしません。
なるべく当日使い切る量だけ購入するようにしましょう。

軽く下茹でして、お酢を少し入れて密閉保存しておけば、3日ほどは長持ちさせることができます。

冷凍保存

冷凍には向いていない野菜です。
もやし特有のにおいが残る場合もあり、シャキシャキ感も無くなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • にほんブログ村 健康ブログへ